スコッチ

【スコッチブレンデッド5本】を飲んでみた!

こんにちは、サトイモタロウです。皆さん夜な夜な飲んでますか?

今回は豊島屋で手頃に収穫した5本をレビューします!

ホワイトホースのレビュー!

国内販売量第1位のホワイトホース。大島優子さん、倉科カナさんを登場するCM(2021,2022年)でもお馴染み、きっと、ハイボールをイメージされるかと思いますが、ストレートで飲んでみたいと思います。

香り:カラメルの甘さ、ナッティ、しっかりとピーティさを感じる。バナナのような南国系のフルーティさを奥に潜ませる。

味わい:甘みに続きピートが後から追いかけてくる。バランスがとれていて大変飲みやすい。

コスパ:10/10 参考価格¥838円

こんな方におススメピート、スモーキーに挑戦してみたい人

          ハイコスパ常飲用ハイボールを求める人

          トリス、クリアブラックなどに飽きてきた人

キーモルト:メインモルトは、アイラの巨人、ラガブーリンに加えスペイサイドの「グレンエルギン」「クライゲラキ」などの甘くフルーティなモルトをブレンド。

感想

バランタイン、ジョニ赤と同じ系統、下手したら850円前後で売られていて大変コスパがよい。

1000円前後のブレンデッドをストレートで飲んで美味しいのは感動!

しかし、ハイボールがやはり一番美味い!

satoimotaro

常飲用ハイボール要員決定!

ホワイトホースの歴史

簡単な歴史まとめます

  • ラベルについて

白馬のマークは、スコットランドの自由と独立、勝利を意味する。

創業は、1890年、ラガブーリン蒸留所のオーナー、ピーター・マッキー。

  • 名前について

スコットランド独立軍のいつも決まって泊まる酒場兼旅館、エジンバラの「ホワイトホース・イン」に由来。

  • トリビア

ピーター・マッキーはラガブーリンのご近所蒸留所ラフロイグと友好関係にあったのに、もめにもめて犬猿の仲に…

1920年、コルク栓に替えて初めて金属製のスクリューキャップを導入した。

ティーチャーズのレビュー!

大泉洋さんの英国紳士風おじさんで有名。さて、その味わいとは…

香り:カスタードクリームのような甘い香り、わずかに熟したリンゴ

味わいやらわかい甘みと、ピートの心地よい余韻

コスパ:10/10 参考価格¥828円

こんな人におススメアイラのピーティは苦手だが若干のスモーキーに挑戦したい方

         :高コスパのハイボール要員

キーモルトアードモア

感想

これまた、素晴らしい!コスパ良すぎる。。味わいのあるハイボール飲みたければ、絶対にはずせない!

satoimotaro

アードモアをさらに格安で感じられて幸せ…

ティーチャーズの歴史

1834年に、「ウィリアム・ティーチャー」と名付けたワンショットバーをオープン。

ラベルマークWTは創業当時から看板に掲げる。

引用元 https://www.suntory.co.jp/whisky/teachers/history/

1860年、この年制定された「蒸留酒法」によりブレンデッドウイスキーの製造が正式に可

能になった。ウィリアムも開発製造の許可をもらう。

1884年、ハイランドクリームが商標登録される。

1899年、ウィリアムの息子アダムにより、安定的にティーチャーズを世に送り出すため、ハイランド地方の質の良いモルトウィスキーが必要と考え、アードモア蒸留所を設立

引用元 https://www.suntory.co.jp/whisky/teachers/history/

長い英国の不況と、増税、アメリカの禁酒法などの時代を乗り越え、今もアードモアをキーモルトに質の高いブレンデッドウイスキーを供給し続ける。

ハイランドクイーンのレビュー!

今回一番、買うかどうかを悩んだ格安スコッチ、無茶苦茶安くて、なんか地味なんですよね。。

香り:バニラ、カラメルの甘み、奥にフルーティさがかすかに

味わい:アルコールのとげとげしさもなく、カラメルの甘さが強いが奥にフルーティさをわずかに感じられる

ハイボールにすると、フルーティさが際立つ!

コスパ:10/10 参考価格¥729円

おススメする人とにかく安く、そこそこ味わえるウィスキーを飲みたい方

キーモルト:タリバーディン

  • ハイランドクイーンの由来

マクドナルド&ミュア社は、リースに1893年に誕生した会社。設立地が、その昔フランスから帰国したメアリー女王が上陸した場所であったこと、スコットランド人がメアリーを敬愛していることなどの理由で、ハイランドクイーンと名付けられた。

  • 感想

癖がなく、同価格のトリスニッカクリアを買うならこちらをお勧めします

ホワイト&マッカイのレビュー!

トリプルマチュア―ドと銘打ったこのスタンダード品、佇まいは”できる風”を感じます。

香りバニラ、カラメルのような甘さ

味わいしつこくない麦の甘み、奥に弱冠のレーズン

コスパ8/10 参考価格¥1190円

こんな人におススメ高コスパでしっかりとした飲みごたえを求める人

  • 感想

3段階でシェリー熟成させるというトリプルマチュア―ド製法ですが、ほとんどシェリー感は感じられませんでした。。しかし、味わいに関しては、しっかりとウィスキーの麦の甘みを感じられて、この価格ではかなり優秀だと思います。

グランツ・スモーキーのレビュー!

香りハニー、カラメル遠くにスモーキーフレーバー

味わい:アルコール刺激ない、スムース

甘い、スモーキィさとカラメルのバランスでいえば圧倒的にカラメル、そしてスモーキィさもしっかり。ハイボール、ソーダで一気にスモーキーが香る

コスパ8/10 参考価格¥1498円

こんな方におススメグランツが好きでスモーキーにも挑戦したい方

          1000前後のブレンデッドスコッチから次のものを探している人

  • 感想

スタンダードのグランツとは別物ですが、共通点は香りと味わいにあるカラメルの甘さでしょうか。

数週間後、再びのんでみると、印象がガラリと変わりました

味わい、すごいスモーキーです。これは常備決定!

satoimotaro

スモーキーが前面に出てきました!香りはウッディ&スモーキー、潮っぽさも感じられます!

まとめ

今回の5本は全て、近くの酒屋さん豊島屋で購入したもので、参考価格はすべて22年4月のものになります。改めて、安いですねぇ。

今回試した1000円台のブレンデッドたちはとても優秀な子たちでした。ストレートでもしっかりと味わいを感じられ、ブレンデッドの奥深さを体感するのでした。

皆さんもハイボールにする前に、少しストレートでも味わってみてはいかかでしょうか?

今日も夜な夜な琥珀色、ではまた!

ABOUT ME
satoimotaro
satoimotaro
コロナ禍で沼にはまる。蒸留所の歴史やボトルに込められた情熱に想いを馳せながら夜な夜な琥珀色を求めて旅を続けています。