ウィスキー雑談

【お酒の飲み方 飲む量】について

あなたのアルコール許容量について

みなさん、楽しくお酒を飲まれているでしょうか?

サトイモは主にウィスキーをほぼ毎晩たしなんでいます。

サトイモはお酒に弱いほうです。。

ウィスキーのダブル(60ml)でほぼ限界です。

なぜか缶ビールは350mlで酔ってしまいます。

体の事を考えると、たとえお酒に強い、酔わなくても、アルコールを大量に飲むのはよくありません

実は厚生労働省によって、アルコール摂取量の推奨というものがあります。

それは純アルコール量20g!

さて、この純アルコールとは何なのでしょうか?

ウィスキーを20ml(ほぼ=g)が一日の目安?少なすぎやしないか?

と思いますよね。

単純なお酒の量やアルコール度数純アルコール量は異なります

実は、純アルコール量に導く計算式があります。

計算式

お酒の度数% × お酒の量ml × 0.8 ÷ 100 = 純アルコール量g 

なんだか、しちめんどくさい計算ですよね。

例を出します。

  • ウィスキー 40% × 60ml × 0.8 ÷ 100 = 19.2g 60ml(ダブル)
  • ワイン   14% × 125ml × 0.8 ÷ 100= 14g 125ml(ワングラス)
  • ビール   4% × 500ml × 0.8 ÷ 100= 16g 350mlの場合=11.2g
  • ストロング 9% × 500ml × 0.8 ÷ 100= 36g 350mlの場合=25.2g

こうみると、缶酎ハイのストロングが350mlでも500mlでも一本で純アルコール量20ℊを余裕で超えていますね。

そして、肝臓が分解できる純アルコール量は体重1㎏あたり1時間で0.1gとのことです。

satoimotaro

 サトイモの体重50Kgだと1時間に5ℊ分解できるということか…

これを超えると、肝臓に負担をかける飲み方になるのです。

サトイモの体重50㎏を元に

体の分解できる速度での許容量を計算していました。

1時間に5g以内にする必要があるので

  • ウィスキー 60mlの量で19.2ℊが純アルコール量でした。  5ℊに抑えるには12.5mlが1時間の分解限度 (計算式 19.2÷5=3.84 3.84×5=12.5ml)
  • ワイン   125mlだと14ℊ 5ℊに抑えるには45ml(14÷5=2.8 2.8×5=14ml)
  • ビール   500ml=16ℊ  5ℊ=156ml (16÷5=3.2 3.2×5=156ml)
  • ストロング 500ℊ=36ℊ  5ℊ=70ml (36÷5=7.2 7.2×5=70ml)

サトイモの場合、この赤い部分が、それぞれのお酒を飲む時に、1時間で飲む許容量になるということになります。

satoimotaro

あれ?そうなると、30mlで造るハイボール10分もたたず飲むけど、めちゃ分解度、超えてるやん!

体重別にまとめました。

体重ウィスキーワインビールストロング
kg mlmlmlml
401036124.856
4511.2540.5140.463
5012.54515670
5513.7549.5171.677
601554187.284
6516.2558.5202.891
7017.563218.498
7518.7567.5234105
802072249.6112
8521.2576.5265.2119
9022.581280.8126
9523.7585.5296.4133
1時間に飲む体(肝臓)に負担のない量

例として、体重75㎏だと1時間に7.5g分解できるので

1時間で、ウィスキーだと約19ml ビールだと約250ml ストロングだと約100ml許容量ということになります。

純アルコールの推奨量20ℊだと約3時間かけて、ウィスキーを60mlビール600mlストロング280mlを飲めることになります。

satoimotaro

自分の許容度を理解して楽しくお酒を飲もう!

もちろん、体質、体格、基礎代謝量などにより変動はあると思いますが、大まかな指針とできるのではないでしょうか?

この計算などはこちらの本を参考にしました。

お酒は楽しく飲みたいもの。

そのためにも普段から健康対策は心がけたいですね。

では今日も夜な夜な琥珀色!また!

ABOUT ME
satoimotaro
satoimotaro
コロナ禍で沼にはまる。蒸留所の歴史やボトルに込められた情熱に想いを馳せながら夜な夜な琥珀色を求めて旅を続けています。