スコッチ

【シングルトン18年ダフタウン】のレビュー! 

satoimotaro

あまり有名ではない銘柄、美味しい?不味い?

サトイモの評価長熟入門に最適!◎

好き度:9/10

コスパ:9/10 参考価格 ¥8000前後

おススメする人

長熟のシングルモルトコスパ良く飲みたい

優雅なフルーティ存分に楽しみたい

色:濃い赤褐色

香りシェリーの甘い香り上品であり華やかレーズンハーブの爽やかさが奥に感じられる

スムーズシェリーの甘ったるさは控えめアルコール刺激皆無、上品華やか、主張しないが静かに佇む銘品の貫禄

  • 一口メモ

2022年5月に行われた東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)で堂々金賞受賞

500以上のウィスキーをブラインドテイスティングで味を評価し、約30本の金賞スコッチの一つに選ばれました

satoimotaro

とっても華やかでしっとりしてて美味ぁぁい!

シングルモルトにも関わらず、シングルトンの名前の蒸留所は私の手元のいくつかの本には載っていません。

それもそのはずでした。

シングルトンシリーズは、ジョニーウォーカーなどを擁するディアジオ社が所有する三つの蒸留所から独自にシングルトン名義で販売されているものなんですね。

ダフタウン蒸留所について

年間生産量:600万ℓ

主なブレンド先:ベルズ

ダフタウン蒸留所

1896年に設立されたダフタウン蒸溜所

ダフタウン地区は、シングルモルトの先駆者グレンフィディックのお膝として有名です。

豊かな土壌と良質な水が得られるスペイサイド中心部で、伝統的な製法と何世代にも受け継がれるクラフトマンシップによる良質なウイスキー作りをしています。

ゆっくりとした蒸溜工程と、ヨーロピアンオークとアメリカンオーク両方で熟成されたウイスキーから造られているため、非常になめらかで親しみやすいシングルモルトに仕上がります。

ダフタウン蒸留所で造られる原酒のほとんどがベルなどのブレンデッドウィスキーにつかわれるためシングルモルトとしてボトリングされるのは稀だとか。

そのためオフィシャルボトルとして楽しめる「シングルトン」は大変ありがたいシリーズものです。

シリーズとして

  • ダフタウン蒸留所

  • グレンオード蒸留所

  • グレンダラン蒸留所

この中で正規の日本発売なのはダフタウンのみになります。

並行輸入品では、グレンオード、グレンダラン蒸留所も売っているんですね。

この味わいなら、他のシリーズも興味がわきます

今日は以上になります。

今日も夜な夜な琥珀色、ではまた!

ABOUT ME
satoimotaro
satoimotaro
コロナ禍で沼にはまる。蒸留所の歴史やボトルに込められた情熱に想いを馳せながら夜な夜な琥珀色を求めて旅を続けています。