スコッチ

【ジョニーウォーカー・ブラック】のレビュー!

サトイモの評価:間違いない!

好き度:8/10

コスパ:10/10 参考価格¥2500円 

おススメする人

高コスパスモーキースコッチ(ホワイトホース、ティーチャーズ、バランタインファイネストジョニ赤)の次をお求めの方

手頃にスコッチの全てを知りたい方

香りカラメルと麦の甘み、甘さが先にきて、ピーティさ、ヨード香があとから主張してくる

味わいストレートだと若干の刺激、香りとは逆にピーティが先にくる、甘みしっかり、奥にはフルーティさも、ピート&麦感&フルーティさのオールラウンダー

ハイボールはもうこれ一択でよくない?っていうくらい完成度が高い!

satoimotaro

これまたコスパよすぎる圧倒的品質!

  • 一口メモ

ジョニ黒」と長年愛される世界的ブランド。

ブランドキャラクター「ストライディングマン(闊歩する紳士)」は革新の精神と前向きな姿勢を表現

キーモルト:カリラ、カーデュ、タリスカー、ラガブーリンなど29種類の原酒をブレンド

ジョニーウォーカーの歴史について

1820年、ジョン・ウォーカー&サンズ社を創立したジョンは小さな食料雑貨店を経営していたが、紅茶やスパイスと同様モルトウィスキーをブレンドするというアイデアを実現して、成功を収める。

1867年ウィスキーの大量生産体制が整い勢いを増していく。

海外にも売るため、ボトルを効率的に荷物として詰めるため「四角いボトル」を考案

このことにより、船旅中の破損が劇的に減る。革新的な発明だった。

1909年「オールド・ハイランドウィスキー」はジョニーウォーカーレッドに、「エクストラ・オールドハイランドウィスキー」がジョニーウォーカーブラックとして生まれ変わる。

1934年 国王ジョージ5世より王室御用達の任命を受ける。

1950年代、日本において関税などにより実売価格は1万円当時の大卒初任給2か月分に相当し、高嶺の花だった。

日本では、1972年に輸入関税の引き下げにより、ジョニーウォーカーレッドが5000円から3500に。高嶺の花から日本でも少しづつ庶民化へ浸透していく。(1969年にサントリーが国産品ではなく”国際品”として販売したリザーブが2700円)

運営会社は様々な変遷を経て、現在はディアジオ社がオーナーとなっている。

基本ラインナップ

  • 赤ラベル
  • 黒ラベル
  • ダブル黒ラベル
  • 緑ラベル
  • 黄金ラベル
  • 青ラベル

まとめ

常備品として必須のジョニ黒。

いろんなシングルモルトを飲んで一周して、飲むとジョニ黒のコスパ、完成度の高さにビビります

しっかりアイラの潮臭さとピートを感じられるし、甘みもあって、ここからキーモルト気になってカリラ、カーデュ、タリスカーなどが気になってきますよね。

また、ラインナップも豊富で限定ものもあるので、それぞれの個性を楽しむという意味ではシングルモルト並みに面白いですよね。

satoimotaro

サトイモはグリーンラベルが無茶好き!

ブルーラベルが高嶺の花子さんですね。。。

飲んでみたい。。。うっとり。。

では今日はこの辺で

今夜も琥珀色、ではまた!

ABOUT ME
satoimotaro
satoimotaro
コロナ禍で沼にはまる。蒸留所の歴史やボトルに込められた情熱に想いを馳せながら夜な夜な琥珀色を求めて旅を続けています。