スコッチ

ロッホローモンド【インチモーン12年】【インチマリン12年】の飲み比べ!

インチモーン12年 サトイモの感想:ピーティ&フルーティ&スパイシー!

好き度:8/10

コスパ:8/10 参考価格¥4500~5000円 

おススメする人

若干変りもののスコッチをお探しの方

ロッホローモンドオリジナルや12年が好きで構成する原酒に興味がある方

ほどよいスモーキ―フレーバーとフルーツのバランスを感じたい方

度数:46%

香り熟したレーズン、プラム、柔らかいピート香、甘いフルーティな香り

味わいスパイシーさとピートが始めに舌をつき、その後フルーティな甘さが心地好く広がる

  • 公式のボトル説明

スワンネックスチルローモンドスチルで蒸留した原酒を使用し、スモーキーさとスパイシーさが深いバランスを保ちますリチャーアメリカンオーク原酒リフィルバーボンオーク原酒が心地よいバニラのニュアンスを加えており、豊かなピート香と複層的な味わいをお愉しみいただけます。

satoimotaro

ロッホローモンド12年の構成原酒であることが如実に理解できる味わい!

インチマリン12年 サトイモの感想:スウィート&フルーティ&スパイシー!

好き度:7/10

コスパ:7/10 参考価格¥4500~5000円 

おススメする人

若干変りもののスコッチをお探しの方

インチモーンより優等生タイプを好む方

フルーティでスパイシーでロッホローモンド感を楽しみたい方

度数:46%

香りファーストコンタクトはイチジク、熟したフルーツ香、ハチミツの甘さ、若干のシトラス香

味わいスパイシー、フルーティ、ハチミツの順番に広がっていく

ハイボールはそこまで伸びない…

  • 公式のボトル説明

バーボン、リフィル、リチャーの3種の樽で熟成した原酒をマスターブレンダーである「ビル・ホワイト」氏がヴァッティング。「緑の島」の特徴を表すかのように爽やかな緑と夏の香りを持ち、桃やアプリコット、クリームカラメル、バニラの味わいと余韻にほのかな黒胡椒を感じます。

satoimotaro

これまたロッホローモンド12年を感じさせる味わい!

ロッホローモンド蒸留所について

参照:モルトウィスキー・コンパニオン 改訂版 マイケル・ジャクソン著(2005年)

この蒸留所は、クライド川とローモンド湖を結ぶリーヴン川沿いの工業地帯にある。

ロッホローモンドという名前は、シングルモルト「シングルブレンド」(つまり、グレーンとモルトが単一の蒸留所に由来する)に使われている。

他のモルトは、たとえばインチマリンのように、その湖や島とかの地元の名所の名前をとってつけられている

そのうちいくつかのモルトは普通シングルモルトとして瓶詰されていない。

グレン・ダグラス次第にピート香を強めているクレイグ・ロッジクロフテンギア

ピートの強いモルトに対して関心が高まっているので、最後のクロフテンギアが瓶詰されるかもしれない。

熟成途中の7年をテイスティングしてみたが、甘く、オイリーでスモーキーなアロマがあり、焚火のような味、ほのかに果樹材、イバラ、そして、オークのスモーク、持続する長さがあった。

世界のウィスキー図鑑でのロッホローモンド蒸留所紹介はこちら

まとめ

ロッホローモンド12年大好きなサトイモ。

インチモーンとインチマリンを飲んで確信、やはり好き!

多分この二つ足したら12年になりそう…

satoimotaro

ということは12年は相当コスパがよい!

また、12年が飲みたくなってきました…

では今日も夜な夜な琥珀色、また!

ABOUT ME
satoimotaro
satoimotaro
コロナ禍で沼にはまる。蒸留所の歴史やボトルに込められた情熱に想いを馳せながら夜な夜な琥珀色を求めて旅を続けています。