スコッチ

【キルホーマン・マキヤーベイ】のレビュー!

satoimotaro

新進気鋭の農場蒸留所!?

サトイモの感想:心地よい潮風とバランスのよさ

好き度:8/10

コスパ:9/10 参考価格¥5000円前後

おススメする人

香り:ブリニー(潮気)とピーティが同時にたちこめる、クリアでフローラル感も

味わいすっきりとした味わい、ピート感もアイラの強烈なものとは違い、上品に、しかししっかりと味わえる、甘さも強く、余韻はスウィーティでフルーティ、ピーティなのに飲み疲れしないライトタイプ

satoimotaro

これまたテロワール系ですね!

一口メモ

  • 蒸留所の大きさはスコットランド最小といわれるエドラダワー蒸留所と同じ。
  • マキヤ―ベイは、キルホーマンの代表的なボトル

キルホーマン蒸留所について

参照:スコッチウィスキー・トレイル (2016)

  • 年間生産量:15万ℓ
  • 主なブレンド先:なし

キルホーマン蒸留所は、今世紀に入ってから稼働開始した新しい蒸留所だ。

スコットランドあるいはアイラ島において、最も小さく、そして最も伝統的な蒸留所を建設することを夢見たアンソニー・ウィルス氏が2002年にプランを構築し、2005年6月に稼働した。

マキヤ―湾にほど近いアイラ島西部、スコットランド最西端のロックサイドファーム内に建つ同蒸留所は、牧歌的な雰囲気の中にある典型的なファームディスティラリーだ。

農場設備を改装して使用するこの蒸留所は、生産に関わる工程全てを同じ敷地内で賄うことができる

ロックサイドファームで育てた大麦を伝統的なフロアモルティングで発芽させ、生成したフレッシュなスピリッツを同敷地内で熟成・ボトリングする。

2006年、火災でキルンを消失してから数週間生産をストップするも、翌年には新しいウォッシュバッグ2基を導入。

2009年に最初のシングルモルトをリリースし、その後もコンスタントに販売を重ね、2010年にはトータルで5万本のボトル売り上げを計上。

2012年には基幹ボトルのマキヤ―ベイ2013年には年1回リリースの限定品、シェリー樽熟成のロッホゴルムがラインナップに加わる

他の蒸留所に先だって設置された、充実したビジターセンターも訪問の価値あり。

まとめ

最小クラスで、これまた伝統的なスタイルを踏襲する新しい蒸留所。

予想通り、クオリティの高い銘酒でした。

こういう蒸留所は応援したくなりますね。

とはいえ、少量生産なので、キルホーマンの別銘柄はなかなかのお値段がします。。。

円安はすすむし、これからどんどんウィスキーが高くなりそう、、。

今のうちに買い込んでおきましょう、、、汗。

では今日も夜な夜な琥珀色、また!

ABOUT ME
satoimotaro
satoimotaro
コロナ禍で沼にはまる。蒸留所の歴史やボトルに込められた情熱に想いを馳せながら夜な夜な琥珀色を求めて旅を続けています。